インドエステサロンのランキングサイト

アーユルヴェーダの施術のひとつであるアヴィヤンガとは、全身に温かい薬用オイルを大量に塗布し、浸透させるトリートメント方法です。アヴィヤンガはダイナミックなマッサージが特徴です。人の手によるマッサージなので気持ち良く、リラックス効果があります。アヴィヤンガの大切な目的はしっかり体質別の薬用オイルを体に「すりこむ」ことです。じっくりとすりこまれたオイルは皮膚から吸収され、体の免疫系にも働きかけます。

 

薬用オイルには、個人の体質や体調に合わせてハーブが調合され作成されます。このハーブオイルの成分を体にしっかりと浸透させる事で、体内毒素や脂肪、そしてストレスまでも汗と一緒に排出されます。自然の植物からつくられたハーブオイルは、美肌効果も抜群で脂肪分解を促し、インドエステの効果を最大限に引き出します。

 

本来のアヴィヤンガは、パンチャカルマの前処置として行われ、新陳代謝を良くして身体の老廃物や不純物の排出を促す施術です。
インドエステサロンでは、薬に頼ることなくハーブやオイルを使用して、人間の自然治癒力を高めることで治療します。

 

オイルのベースとして使用される油の種類は、季節や個人の体質にもよりますが一般的にはゴマ油やココナツ油、ヒマワリ油、マスタード、アーモンドなどが使われます。
また、一般家庭で行われる個人でのセルフケアにおけるアヴィヤンガなどでは、ベース・オイルのみの使用でもよいとされています。